2014年06月18日

今大人気の・・・!

今大人気の「アナと雪の女王」。
特に小学生の女の子に人気で、弾きたい、弾きたい、と
言われます。

私はまだこの映画を見たことがないのですが、
生徒さんの中でも大人気なので、楽譜を買ってみた!


¥1,728
Amazon.co.jp


私が購入したのは一番最初のものです。
初級と中級が揃っていていいかな、と思って選びました。

「ありのままで」が一番人気ですが、
松たか子さんとMay J.さんのものがあるのですね。
松たかこさんのバージョンは、バイエル中級程度で弾けそうです。
May L.さんの方はブルグミュラー終盤程度の技術が必要かな。


教室内においておきますのでご覧下さい。

この楽譜は今月出されたもので、
著作権法によりコピーは禁止されています。
弾きたい方は楽譜を購入して下さいね。

posted by 水野 直子 at 22:00| Comment(0) |

2012年05月11日

音楽と音楽家/シューマン

連休中に読んだ本です。




ロベルト・シューマン(1810〜1856)
ドイツの初期ロマン派の作曲家です。

この時代に、現代ピアノのアクションである
ダブルエスケープメントが発明されました。

女流ピアニストの先駆けであった
シューマンの妻、クララ・ヴィークが使ったピアノが
武蔵野音大の楽器博物館に展示されていますよ〜。


続きを読む
posted by 水野 直子 at 23:00| Comment(1) |

2011年10月28日

ちょっと息抜きに。

先週日曜日、レッスンを終えて
友人と夕食を一緒にしました。

その時に「これ、すっごく面白いから!」と
貸してくれたマンガです。

聖☆おにいさん1〜7巻


目覚めた人「仏陀」と神の子「イエス」が
世紀末を無事に終え、下界へ降りて来て、
東京の立川でバカンスをするというお話です。

敬虔な信仰者にはNGかもしれませんが、
個人的にはとても楽しめました。
電車の中では読んではいけない本です。
(吹き出します)


マンガで記事が終わっちゃうのもどうかと思うので(笑)
本もご紹介します。


この本は、如来、菩薩、明王等の説明が書かれています。
絵がたくさんあり、
解説も1項目2P位、と簡潔に書かれているので、
初心者には導入本として良いかも!


キリスト教についても一冊ご紹介。


これは、イタリアへ持っていって、
何度も読み返した本でした。


あ、申し上げておきますが、
水野には、特定の宗教や信仰はまったくありませんひらめき

神社/仏閣/教会めぐりは趣味ですけれども・・・(笑)


posted by 水野 直子 at 17:37| Comment(0) |

2011年08月11日

プラトン著 国家

本日、イタリア語講読会の後、
池袋のリブロに寄りました。

翻訳をするときに、自分の日本語の乏しさをひしひしと感じます。
もっともっと、本を読まなければ。

今日は、プラトンの「国家」を買いました。
何気なく手にした本でしたが
目次を見ていると、「音楽・文芸」という項目がありました。

以下はその目次の写し。
−−−−−−−−−−
− 何を語るべきか
文学(詩)における話の内容についての規範

− いかに語るべきか
単純な叙述(報告形式)と真似による叙述(劇形式)

− 歌、曲調、リズム

− 音楽・文芸に寄る教育の目的
ーーーーーーーーーー

この本は、「正義こそが人間を幸福にする」と結論づけられる様子を
対話方式で書いたものです。

そこに音楽や文学、体術などの教育が
どう関わっているのか、
非常に興味をそそります。


まだ読み始めたばかりですが、
さすが藤沢先生、良い訳だなぁ、と思いながら
ページをめくっています。
(因に1979年、日本語初版出版)
やっぱり、頭の作りが違うんだわ・・・あせあせ(飛び散る汗)

夏休みは、この本を読んで、ウハウハすることにします。


それから、箸休めにはこちらを選びました。

   ギリシア恋愛小曲集 (岩波文庫)ギリシア恋愛小曲集 (岩波文庫)
(2004/08/19)
中務 哲郎

商品詳細を見る

古典ギリシア語の韻を日本語に訳す時、
きっとダンテの神曲のように
リズムや言葉遊びがなくなるのでしょうね。

でも17世紀の音楽には
ギリシア神話を題材にした作品が多く残されていますので
そのアプローチに少しでも貢献できれば、と。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
posted by 水野 直子 at 22:50| Comment(0) |