2011年06月12日

大人のピアノレッスン

週末は大人の方のピアノレッスンでした。
土曜日は、飛行機に乗ってこられる方がいらっしゃいました。
この土日、何故か皆さん全員が、ショパンを弾かれました。
こういう日も、あるんですね〜!

レッスン曲の一部をご紹介します。

るんるん有名な幻想即興曲、作品66。
生徒さんから「なぜ幻想即興曲というのですか?」と質問があったので
まず、こちらの曲が出版された経緯をお話しし、
「幻想」と「即興曲」の語源と、その作曲法について
ざっくり説明しました。
生徒さんは「目から鱗」という感じで感心していましたよ揺れるハート
これで、また音楽と近くなりますねぴかぴか(新しい)


るんるんそのあとは、バラード第3番。
この曲は、個人的に思い出深い曲です。
変ホ長調の6/8拍子。
各調性にはキャラクターがあり
作曲家は何を表現するかにより
調性を選んでいます。
ご存知でしたか?
それでは、変ホ長調のキャラクターとは一体何でしょう?
答えはレッスンでひらめき


るんるんワルツ 作品64―1と2
この方は、来月でこちらに通い始めて1年になります。
子供の頃に習っていたピアノが忘れられず、
去年、ピアノを買われたそうです。
30代、バリバリのキャリアウーマン。
「週に一度は自分の日にするんです!」と仰っています。


るんるん英雄ポロネーズ
「30年間、この曲を弾くのが夢でした」といわれます。
ショパンのポロネーズはソナタを卒業したあたりから
弾ける曲が何曲かありますが、
英雄ポロネーズはその中でも難易度が高いです。
その理由の一つに左手オクターヴの連打があり、
まずここでつまずくかたが多いのですが
これは、ハノンやクラーマーなどを使って技術を磨くと
徐々に改善されていきます。
少し時間のかかる作業ですが、
疲れたら休む、を繰り返して練習しましょう。
脱力の仕方もお教えします。


次回のレッスンは25日、26日です。
練習、頑張って下さいね。


posted by 水野 直子 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生徒さんの声

2011年04月26日

Eさんより

24日、日曜日は大人のピアノレッスンでした。1時からいらっしゃるEさんは、この日お誕生日でしたバースデー
おめでとうございます。
30代前半、バリバリ仕事をされているEさんに、私からもワインをプレゼントさせて頂きました。
これからも、仕事とプライベートにキラキラ輝く素敵な女性でいてくださいね。

そんなEさんから「生徒さんの声」を頂きましたので、ご紹介します。

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
水野先生は、とても元気で優しく、チャーミングな先生です。
仕事の関係などで練習時間が取れなく、練習不足な私ですが、いつも根気づよく接してくださいます。
また、ピアノの技術的な指導だけでなく、曲ができた時代背景や作曲家についてなどもお教えいただけることも、レッスンでの私の楽しみの一つになっています♪♪♪
これからもご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします(^w^)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

Eさん、ありがとうございます
ショパンのワルツ、一緒に勉強していきましょうね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
posted by 水野 直子 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生徒さんの声

2010年11月15日

素敵なメッセージを頂きました

今日は、素敵な「生徒さんの声」を頂いたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

40代女性で、飛行機に乗りついで、ピアノを習いに来てくださっています。

初めて水野先生にお会いしたとき物凄い情熱的な瞳をされた方だなぁと思いました。
私のようにただ漠然と音楽をしたい、
ピアノが少しでも上手く弾けるようになりたいという
わがままな主婦にも心からの笑顔で答えてくれました。
まさに太陽のような暖かい心をもった先生です。
先生には私だけでなく今音楽を勉強している娘に対しても適切なアドバイス頂きました。
私も水野先生のような方にもう少し早く巡り会っていたら
音楽の楽しさ素晴らしさを感じながら音楽と関わって行けたのかもしれません。
今からでも遅くはないかなと思い次回のレッスンに向けて
少しずつレベルアップして行けたらいいなと思いつつ努力していきたいです。
先生これからもよろしくお願いします。


メールを頂いて、胸が熱くなりました。
温かい、こころのこもったお便り、どうもありがとうございました。
ご家庭もあり、仕事も両立されてお忙しい方ですが
音楽が好きな心を大切に、お時間のあるときや、気分転換されたいときには
ピアノに向かわれて、自分の世界を作って頂きたいと思います。
これからも、そのお手伝いをさせて頂きたいと思います。
こちらこそよろしくお願いいたします!




posted by 水野 直子 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生徒さんの声