2012年09月07日

国立西洋美術館へ行きました。

お天気が不安定な毎日が続いています。
お元気ですか?
学生さんたちは今週から学校が始まり、
少々お疲れ気味のようですね。

留学準備さんたちは、
ヨーロッパの夏期講習で、
各々良い出会いや刺激があったようで
実りの多い夏の様でした。
よかったよかった。



るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん



さて先日、上野の国立西洋美術館へ
ベルリン国立美術館展を見に行きました。

DCIM0233-1.JPG

この展示は9月17日までということもあるのでしょう、
朝から混雑していました。

展示会の中心になっている
フェルメール作、真珠の首飾りの少女に関しては
ものすごい人だかりでしたが、
こういう時に背が高いのは便利なもので、
少し後ろでもしっかり見られました。

Jan_Vermeer_van_Delft_008.jpg
(Wikipediaから)

絵の横で係員が
「他のお客様もいらっしゃいますので、止まらずにお願いしまーす」
と低い声で呪文のように唱えていました。

美術館でも耳栓必須です(笑)


フェルメールの光と影の世界もすばらしいのですが、
私はやっぱりイタリア美術が好きなので
今回のベルリン国立美術館が持って来た作品は
「ふーん」くらいで終わったのですが、
同じチケットで常設展も見られるというので
もうちょっと歩いてみました。

期待していなかった常設展ですが、
そこにはな、な、なんと!
ヴェロネーゼ、バッサーノ、ティントレット、ヴァザーリのイタリア人作家をはじめ
ブリューゲル親子、ルーベンス、ドラクロア、コロー、ミレー、
シスレー、ルノワール、モネ、モロー、ゴッホ、ピカソetc...と
すんばらしいお宝の数々が!
松方コレクション、すごいですぴかぴか(新しい)
美術好きな方、行かれてみては如何でしょうか。


今期はもう一つ、マウリッツハイス美術館展も
上野の東京都美術館で展示されています。
こちらの目玉もフェルメールの作品、
真珠の耳飾りの少女、ですよね。

ですがこの展示会は70分待ちでしたダッシュ(走り出すさま)
私は午後からレッスンがあったので
チケットだけ買って帰りましたが、
土曜日は、早起きして行って来ようと思います。




posted by 水野 直子 at 00:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。