2011年10月24日

規約の改定をします。

こんばんは。
ブログの更新頻度が落ちています。。

そう!
季節労働者的な音楽業界は
秋がすごく忙しいのです。


このままの状態で
12月まで一気に駆け進む感じです。

同じ境遇の忙しいあなたに、
今日は、我が家のユリ、その後をプレゼント。

P1010429.JPG

P1010430.JPG

今のところ、3つ花が開きました。
蜜がしたたって、香りもよく、
すごく元気な様子です。
花瓶には水晶を入れているので、それも良いのかも!

るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん


さて、今日はお知らせがあります。

11月付けで、教室の規約が改訂されます。
今、少しずつ手直しされているところです。
コースや料金も若干変わります。

実は、もうすぐ教室のHPができて1年になるのですひらめき

マンションの一室にある小さな教室ですが
おかげさまで
2才半から70代の方までの生徒さんがいらっしゃいます。
目的は様々で、趣味の方のなかでは、
ボケ防止(!)、退職後の余暇の楽しみ、
仕事を忘れて自分の時間を楽しみたい、
昔弾きたくて弾けなかった曲を再チャレンジ、
子供が独立して寂しくなった、etc.・・・
また留学・音大受験目的で専門知識の強化の為になど、
それぞれです。



るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん



私は、学生時代、リスト弾きでしたので
ロマン派の作品は、私のレパートリーの要でした。

ですが留学後、
私は、チェンバロやフォルテピアノしか弾かない(弾けない?)
と勝手に決められて、
心外だー!と思う事が多々あります。

ピアノは今も弾きますし、
3月にはショパンのプレリュード全曲を
ピアノで演奏します。
(そもそも、いったい、どのくらいのピアノの先生が
演奏活動をしているのでしょうか)

でも、チェンバロでバッハの時代の演奏もできますから
その知識をピアノに投影させます。
そうすると、音楽がより生き生きしてくるわけですが、
この知識は既に、幼稚園の生徒さんにも
お教えしています。

以前、保護者の方に
「私の言う事は難しいですか」
と聞いた事がありましたが
「これができるようにならないと、
水野先生に習っている意味がありません」と
きっぱり答えて下さり、
「ああ、分かって下さっている」と嬉しくなりました。

ピアノ教室は、都内でしたら、
地域の中には
最低3つはある時代です。
氷川台ではそれ以上です。

そんな数ある教室の中で、
私の教室に決められたご縁の方には
愛情を持って、レッスンさせて頂きます。

ですが残念ながら、
数ヶ月通われているうちに、
歯車の噛み合なくなる方もいらっしゃいます。
私も人間ですので、意思疎通が難しくなると
いくら、レッスン料を払うからと言われても
レッスンはできません。
師弟とはお金の関係ではないのです。
芸事の伝授は信頼関係があってこそ、できることなのです。


最近の教育の方向性として
「楽しく」という言葉をよく目にしますが
その言葉ばかりが注目され、
学校では習えない「お稽古」への姿勢、
「教えを請う」という姿勢が
以前より重用視されなくなっているのではないか、と
学校訪問などをしていると思う事が
少なからずあります。
勉強に楽な事は一つもありません。
好きだから、少しずつ難しくなっても、頑張れる。
そのためのお手伝いは、喜んでさせて頂きます。
「ピアノで何がしたいのか」「何のためにピアノを選んだのか」
考えて頂きたいと思います。


また、昔は紹介がなければ出会う事の難しかった先生方も
ネットが好きな方も多く、
簡単に、そして気楽にコンタクトが取れるようになっています。
しかしその簡単さ故に
礼儀が軽んじられる事もあるようです。

そこでトラブルを避けるためにも、
一昔前なら絶対に起こらなかっただろう
という非常識な事例も
私の主宰する小さな教室でさえ
規約の禁止事項として
文章にせざるを得なくなりました。

新規約は11月から施行ですので、
また改めてお知らせ致します。

ピュアな気持ちの生徒さん達には、
今日は重い内容だったかもしれません。
ごめんなさいね。

るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん

さて、明日は幼稚園の生徒さんが
午後からたくさん来てくれて
私が一番楽しい一日です。
先生、皆をたくさんたくさん、可愛いがるからね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
posted by 水野 直子 at 22:45| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
おおおおお!!
かっこいいぞ!

私も習いたい。。。。
Posted by さちお at 2011年10月25日 01:04
さちおねーさん

本当は、こんなこと書きたくなかったけれど、仕方ないです。

どれだけ真剣に教えているか、分かってほしくて、あえて書きました。
偉そうだけれど。
Posted by 水野直子 at 2011年10月25日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]