2016年06月24日

本番前日の過ごし方

明日は、発表会前日です。

練習をするときは、発表会用のお洋服と靴を履いて練習しましょう。

練習は、速く弾かなくて良いです。

ゆっくりと、鍵盤のタッチを確かめながら弾きます。
そして必ず楽譜を見ながら練習しましょう。
今週のレッスンでアドヴァイスのあった場所をもう一度確認しましょう。

練習が終わったら、次の日の準備をします。

夕ご飯は、好きなものを食べましょう。

発表会当日は、
もちろん練習しますが、
あまりたくさん練習しないようにしましょう。

1回テンポ通りに弾いて、
2回目はゆっくり。
もし不安なところがあれば、数回、ゆっくりと繰り返して練習する。

そして、爪のチェックと楽譜、持物を用意して、
あまりお話はせずに、会場に向かいましょう。
なぜならおしゃべりで、集中力が途切れることもありますからね。
(もしかしたら緊張して、無口になっているかもしれませんが・・・)


日曜日はお天気も味方してくれそうですね。
主役を楽しみましょう!!






posted by 水野 直子 at 22:03| 日記

2016年06月23日

演奏が縮こまっているよ・・・?その原因は

発表会前のレッスンが終わりました。

生徒さんの様子は
ドキドキしている生徒さん、「楽しみ〜!」と笑顔で話す生徒さん、様々です。

そして緊張で演奏が縮こまったりする生徒さんも。

これはただ発表会に緊張しているだけなのか?
はたまた原因が他にあるのか?

発表会に緊張しているだけならば、よいです。
そういう心の状態は、成長に繋がるから。

しかし、もしその他のことに原因があるのならば、それを取り除くことが私の役割の一つです。

そして、その原因は毎年必ず同じです。


それはね。


ご家族からの

「絶対間違えないでね」

という言葉です。


この言葉、生徒さんに代わって私からお返しいたします。


「その言葉、絶対言わないでください


生徒さんたちは、すでに間違わないように、頑張っています。
何度も何度も、私から口やかましく言われています。
しかし、私たちは人間です。
思わぬところでミスタッチをすることもあります。

その時、生徒さんは全員「しまった!」の心境です。

その「しまった!」が、レッスンで起こった場合、
指導者としては、なぜ間違ったのか、の原因を探り、
難しい言い方をすれば、「原因の分析」をして、間違えないように指導します。

「間違えないでね」という言葉だけ伝えるのは、無責任です。
そして、その言葉は、生徒さんの心の呪縛となり、
本当はもっと自分らしく、曲の雰囲気を感じて大らかに演奏できるはずなのに、
ナーバスになってしまい、
演奏は小さくなります。
また、いつも弾けるところに、思いもかけないミスタッチという影を落とすこともあります。
そして、生徒さんたちは、さらに落ち込みます。悪循環です。

レッスンでは、すでに、細かく指導しています。
あとは、子どもさんの力=本番力を信じるだけです。
(子どもの本番力は大人の何倍もの力を発揮します!)


豊かな心が育っていく段階にある、幼稚園生、小学生の子どもさんが、
ピアノの勉強で大切なのは、
間違わずに弾くことではなく
いかに表現をするか、です。



どうか、のびのびと演奏できる言葉がけをしてあげてください。


001.gif



「ミスタッチ」に関しては、プロになれば、考えが違ってきます。
なぜなら、演奏に「究極の美」が求められるからです。

この「究極の美」のことは、またいつか、お話いたしましょう。

001.gif



今日は少し、強い口調になってしまいました。
でも、かわいい生徒さんたちのためだから、書きました。

発表会前まで、連絡事項を含めて、
できるだけ更新したいと思っています。

それではまた!


posted by 水野 直子 at 20:07| 日記

2016年06月17日

発表会のお知らせお配りしました。

こんばんは。

IMG_2796.JPG
今週は今日でレッスンが終わりました。



発表会に出演される子どもさんは、あと一回レッスンがありますね。
本番までもう一息ですね。

お待たせしてしまいましたが、今週のレッスンで
発表会のお知らせをプリントにして
出演者全員にお渡ししております。
ご確認ください。



ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

今日は、気が付けば8時間、レッスンをしていました。
チェンバロとピアノで、バロックからショパン、ジブリ、初音ミクまで幅広く。
6歳から60代まで。

みなさんのお役に立てればうれしいです。

posted by 水野 直子 at 00:06| 日記

2016年06月10日

バッハ ゴールドベルク変奏曲より アリア

012.gif
練馬区氷川台のチェンバロ・ピアノ教室、水野直子のレッスンブログへようこそ。
本日もブログにお越し下さり有難うございますぴかぴか(新しい)

Youtubeのアカウントを作成しました。
こちらです←クリックでジャンプします。
少しずつアップしていきますので、お楽しみに!

Facebookページはこちらです←クリックでジャンプします。
012.gif



子どもさん記事が続いているので、今日は大人の方を対象にした記事を書きましょう。

教室の大人の生徒さんは、様々な目的を持って当教室にお通いです。
なかでも、「バロック音楽を勉強したい!」
そしてご自分の生徒さんたちに、「自信を持ってレッスンしたい!」
という方が多いです。

いつまでも向上心を持ち、進み続けようとされる姿は、本当に素敵です。
そういう方々は、輝いています。

しかし同時に、とっても悩まれておられます。
その理由は、ある理由から・・・なのですが、それはちょっとブログで簡単には書けませんので、
レッスンの時にお伝えしています。

そもそも、バロック演奏には、いろいろと押さえなければならないポイントがあるし、
それが、古典派、ロマン派の作品の基礎にもなっています。

まず、バロックで躓く一つの原因に、装飾の弾き方がるといえるでしょう。

装飾は
作曲家によって、時代によって、舞曲などの楽曲のスタイルによって、それぞれ決まり事があります。

楽曲を優雅に弾くために演奏に必要な「良い趣味」は、
弾いて、感じて、
さらに、その時代の研究資料や、その時代に出版された本、などを読んで、得なければなりません。
こういったことは長い道のりですから、焦らずに、ひとつずつ経験してください。
(私も、一生勉強です)



さて、今日は、「憧れの、バッハのゴールドベルク変奏曲を1年かけてじっくり勉強する!」
と決めて、譜読みを始めた生徒さんのリクエストで、
アリア部分をYoutubeにアップしました。


同じ16分音符の装飾も、全部同じ長さではありません。

この時点から、頭が混乱台風しますか?

大丈夫。
レッスンではきっちり説明しますから。

「理由」があって、こういう演奏になるのです。


学びたい、と思う情熱があれば必ず習得できますからね。




027.gif体験レッスン受付中022.gif (今月で新規募集を一旦終わりにします)

幼稚園、小学生
火曜日 16時50分
木曜日 17時10分

ピアノ講師の方は平日の午前中がレッスンとなります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

お電話でお問い合わせの際は、お昼の時間帯や18時半以降、ゆっくりお話しできます。
体験レッスンは3,000円です。






ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ピアノ大好き、音楽大好きな方と
保護者さまとのご縁が結ばれますことを願っております。

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






posted by 水野 直子 at 10:41| チェンバロ

2016年06月06日

発表会の意味

水無月。
そろそろかな、と思っていた梅雨に入りました。
ちょっとジメジメしていますが、今日は雨にならずにすみましたね。


さて、今日は夕方からレッスンでした。

発表会に向けて、みなさん士気が高くなっていたように感じました。

実は、先週のレッスンで、まだ譜読みが終わっていない生徒さんが二名おりまして。

先週、この二名には「次のレッスンまでに、譜読みと暗譜をどちらも終える」と、目標を設定しました。

今日のレッスンでは、
そのうちの一人は楽譜を見ながらでしたが、最後まで奇麗に弾けていたので、目標にかなり近づいていました。
そして、「来週は絶対暗譜もできてると思う!」とやる気満々。

もう一人は、譜読みも暗譜もできており、無事、目標を達成しました。

実はこの2人、普段から「今週は忙しかったから弾けなかった」が口癖です。

でもね、本当は、やればできるのです。

そしてこれは「発表会で弾く」という目的と、
そこに家族や友人たちが聞きにくる、という「プレッシャー」があったからできた、とも言えます。

だから
教室が発表会を開いて、それに生徒さんは参加をする、ということは大切です。
実力も心も成長します。

学校や学習塾では学べないことが、ピアノでは学べます。
ピアノを習うということは、ピアノがうまくなることだけではないのです。

これからピアノを習いたい/習わせたい、とお考えのかたは
ご自分が/あるいはお子さまが
「ピアノを通じて何を学びたいか/学んでほしいか」など、
考えられると良いかもしれませんね。


レッスン後、生徒さん撮影してくれました。
IMG_1393.JPG

先週の心配が一転し、ホッとしているところ(^^)



027.gif体験レッスン受付中022.gif (今月で新規募集を一旦終わりにします)

幼稚園、小学生
火曜日 16時50分
木曜日 17時10分

ピアノ講師の方は平日の午前中がレッスンとなります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

お電話でお問い合わせの際は、お昼の時間帯や18時半以降、ゆっくりお話しできます。
体験レッスンは3,000円です。


教室紹介動画


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ピアノ大好き、音楽大好きな方と
保護者さまとのご縁が結ばれますことを願っております。

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



posted by 水野 直子 at 23:14| 日記